「上空知」と「地上知」

Ecommunity構想の序章のつづき・・・

このEcommunity構想の背景に肝心な登場人物のふたりめ。

既に私が色んなところでご紹介している私の恩志

紺野登先生 https://note.com/kousouryokunikki である。

知識創造について、哲学やデザインなど多方面からアプローチされている。

最近は、私のテーマに非常に近いところを責めていらっしゃるので、

個人的には味方を得た気分で嬉しい限り。

ただ、また新しい言いにくい言葉を造られた(笑)

ソサエタル・イノベーション

先生お得意の都市デザインと絡めての発想には敬服である。

詳しくは、紺野先生と野中郁次郎先生の本を読まれたし。

私は、紺野先生の線路に沿いながらも

分線のような構想を立てられたらと思う。

できたら、難しくなく、この位の文体で(笑)

 

さて、話を戻して

複雑性と不確実性が増す社会で

隆起してきたのは個人の知、人間知。

すでにネット上では、個人の知が発信され経済活動を起こし

また、つながり、新しい経済社会構造を造っている。

クリエイティブ・エコノミーである。

あえてこれを電波が飛び交う「上空知」としたい。



一方、人間知はどっこい地面上にもある。

少子高齢化、環境問題など

地面上の社会課題を解決しようとしている人間知がある。

これを「地上知」とする。

残念ながら、地上領域の知は、上空知のように簡単にはつながらない。

その何故かは、本編に委ねるとして

現在、私(たち)は、地上領域での実証実験をゲリラ戦で展開している。

成果はまだまだ先だが、この構想が出来上がるかどうか

実はその成果次第だと考えている。

(実は Think & DO の学術書を目論んでいる。)

そして、企業である。

これまで情報を造ってきたのは企業であり

消費者はその情報を取捨選択をし、購買行動を起こしてきた。

ところが今や情報主体は、消費者にありつつある。

企業は、グループインタビューやらネット調査やら

消費者の行動のトレンドを収集?し、

商品・サービスの開発を行っている。

でも、本当の情報は、消費者がいる「地上」にある。

(そう思っている)

地上に足を張り、「地上知」から発見・獲得をしなければ

いけない時代に突入している(と思う)。

では、どうしたらよいのか

それを本編で考えていこうと思う。

 

【お知らせ】防災イベント 非常食試食・講座&お家キャンプ体験



弊社が参加している武蔵村山市『中原元気プロジェクト』のイベントのお知らせです。

7月27日(火)

第1部:10時~11時40分 第2部:13時半~15時10分

各回先着6組様 (無料)

・非常食試食と防災講座

【講師】尾西食品(株)防災士 中松義男氏

・初めてのお家キャンプ

【講師】おもろば・おおみなみ~子どもの天国大人の広場

代表 河原塚達樹氏

詳しくは、チラシをご覧ください。

#お家キャンプ #非常食

お申込み先:中原元気プロジェクト事務局

NPO法人介護者支援サポートネットワークセンター アラジン

 

Ecommunity原案 序章(きっかけ)

序章 きっかけ

衝撃的な出会いだった。

本屋で彷徨い、ふと目にとまったのが

『境界融合 経営戦略のパラダイム革新』

これまで独学で経営戦略系の本は読んできたが、

「なんだ?境界融合って!?」

と、手に取ったのが私の興味の始まりだ。

 

大量生産に代表される企業主導型モデルが、

消費者主導型モデルに転換していく。

それは、企業側が持っていた情報優位が、

ITによって消費者側に移り

製品価値を判断する情報創造の主体が消費者に逆転する。

そんなことは多くの本が書いてあり学んでいた。

この本は、その先を示していたのだ。

突然現れたワードが NPO

全くわからなかった。



 

原田・古賀(2002)による生活者価値分類から紐解きたい。

生活者価値の分類モデル

彼らによると

①生活者の行動が自己解決と他社解決の組み合わせで構成され、これらがもたらす「解決価値」により総体的に生活のレベルが向上していく。

➁高度に発展したネットワーク社会の形成により、知識、安心、信頼、感情などを交換する「関係価値」を強く求めるようになる。

③成熟した社会や人生における閉塞感への反動が、社会改革への参画や自己実現による「創発価値」の期待を高める。

と述べている。①と➁は先ほど述べたように、わかる。③はなんとなくわかるレベルである。

気になったのが、このことがどう「経営戦略」に落とし込まれるのかだ。

 

彼らの示す「原理融合の経営モデル」の図をみてみよう。

解決価値、創発価値、関係価値

創発価値型の経営モデルは、解決価値と関係価値の経営モデルの中庸を目指したモデルである。顧客と企業の境界線の中間に位置することで、創発的な効果を目指す経営スタイルとなる。そして、これこそが第3原理のマネジメントであり、それを実行できる有効な組織体がNPOである(原田・古賀2002)

ここがNPOのポジショニングだと述べられている。

NPOってボランティアグループなのではないか?

当時の私はそうとしか思えていなかった。

 

後に私はこの指摘を否定することとなるが、

たちまちにこの原田保氏に興味を持ち、

調べてみるとある社会人大学院で教鞭をとられていること、

もと西武百貨店で社長室にあったり、

一世を風靡したPARCO立ち上げに参画していたことなどがわかった(本人談)。

そこで私は彼に学ぶべき、社会人大学院に入ったのである。

(実はあと一人の先生にも教えを請いたいこともあった)

つづく

 

 

 

 

Ecommunity構想原案

 

これから私が取り組みたい「Ecommunity構想原案」をこのブログにアップし、皆さんのご意見を賜りつつ、構想を固めていこうと思います。

ちなみに「Ecommunity」は、私が考えた造語で、「エコシステム」×「コミュニティ」を表しています。
読みは今のところとりあえず、“エコミュニティ”とします。



構成の大枠案としては、 ・・・は、背景にするものです。


1.「大衆(マス)」から「個」の時代へ ・・・社会学

2.企業活動の転換と限界 ・・・ビジネスモデルの変遷

3.コミュニティの捉え方 ・・・コミュニティ論

4.グラスルーツのNPO ・・・NPO論

5.エコシステムへの問題提起 ・・・知識経営論

6.Ecommunityとは

7.課題 ・・・実践からの問題・課題


なにぶん、妄想系な者で話が散らかることはご容赦してください。

次回のアップ日は不明ですが、ある程度まとまったところでオープンにしていきたいと思います。

 

クリエイティブ資本論の3つのT

こんにちは、CDI杉本です。

Twitter社のジャック・ドーシーCEOが、「ゴールはTwitterが稼ぐことではなく、クリエイターが稼ぐことだ」と<クリエイティブ・エコノミー>をぶち上げました。あなたの周りでも話題になっていることでしょう。



それより以前1,908年リチャード・フロリダが

「クリエイティブ資本論」を発表しました。

フロリダは当時の段階で、


多くの先進国では、クリエイティブ・クラスと呼ばれるまったく新しいタイプの労働者が総労働人口の3割を占める、クリエイティブ経済の段階に入っている。

クリエイティブ・クラスとは、新しいアイデアや技術、コンテンツの創造によって、経済を成長させる機能を担う知識労働者層を指し、その所得水準も高い。


と、「クリエイティブ経済」「クリエイティブ・クラス」「知識労働者層」のキーワードを発しています。

 


私が提唱する成長に必要な「3つのT」の第1の要素として、技術(Technology)がある。技術はイノベーションやハイテク産業の集中度によって測定できる。第2のTは才能(Talent)である。ここでいう才能とは、経済成長理論で通常使われているような「人的資本」(高等教育を修了した資格を持つ人工の比率)を指しているのではなく、実際にクリエイティブな仕事に就いている人口の比率で測定したクリエイティブ資本のことである。第3のTは寛容性(tolerance)である。開かれた寛容性の高い場所はさまざまな種類の人を引き寄せ、新しい考えを生み出すという強さを持っている。


最後のTである寛容性は、まさしく現在のTwitterに代表されるSNSの「場」であり、その中での活発なGiveの精神が新しい考えを生み出し、新しい経済を生むものであると思います。