世界最先端8社の大戦略 「社長の本棚」

世界最先端8社の大戦略「デジタル×グリーン×エクイティ」の時代

著:田中道昭 日経BP(2021)

 AMAZONにリンク(目次等ご確認下さい) 

立教大学ビジネススクール教授の田中道昭先生の著書です。

企業戦略としてDX(デジタル・トランスフォーメーション)

世界最先端8社の事例を挙げながら、

「デジタル×グリーン×エクイティ」を中心に据え

サーキュラー・エコノミー(循環型経済)をグランドデザインとして

「人×地球環境主義」をパーパスに。

という主張の内容です。

では、いつも通り要点に絞り、わたくしが何を引きつけたかを最後に述べたいと思います。

世界最先端8社

ここで取り上げられている企業と要点は、

  • アマゾン 「カスタマーセントリック」
  • セールスフォース 「カスタマーサクセス」
  • マイクロソフト 「成長マインドセット」
  • ウォルマート 「企業文化を刷新」
  • ペトロン 「CXを徹底的にこだわる」
  • テスラ 「宇宙レベルの壮大さ×物理レベルの細やかさで地球を救済」
  • DBS銀行 「会社の芯までデジタル化」
  • アップル 「デジタル×グリーン×エクイティ」(解説なしのため筆者が追加)

「主義」の転換

まだ多くの企業が自社中心主義を抜け出せていない中、

日本の先端企業も顧客中心主義を掲げ進化をしようとしています。

顧客は利益の源泉であることは自明の理ですが、

著者の田中先生は、これからは

人間中心主義

であると述べられています。

ここでいう人間とは「顧客・従業員・取引先・地域社会」

のステークホルダーです。

この人間中心主義は、国が掲げた「Society5.0」が目指す世界であり

合致している方向です。

さらにこの先は、

カーボンニュートラルに代表される地球環境への取り組み

エクイティ(本来は公平・公正という意味ですが、

ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンを含めた表現になっています)を挙げ、

「デジタル×グリーン×エクイティ」からの人×地球環境主義を

パーパスの根底に据えた企業戦略の方向性の必要性を説いています。

グランドデザインの転換

企業中心主義では、

リニア・エコノミー(大量生産・大量消費・大量廃棄)

であるものを

3R(リデュース・リユース・リサイクル)にプラスして

資源投入量・消費量低減、ストック利用、そしてサービス化を持ち合わせた

サーキュラー・エコノミー(循環型経済)

への転換が必要であると述べています。

デジタルシフトに求められる「5つのシンカ」

上記の転換は、デジタルシフトによって成されるものであり、

デジタルシフトには、「5つのシンカ」があると説いています。

  1. 「本質」のシンカ
  2. 「CX」のシンカ
  3. 「データ分析」のシンカ
  4. 「つながる」シンカ
  5. 「経営スピード」のシンカ

 これらの「シンカ」については、本著書をお読みください。

引き付けたこと

わたくしの回りの企業でも、DXの号令が声高らかに叫ばれています。

しかし、内容を訊くと、DXとは自社内の業務改善をデジタル

と言っているような気がしてなりません。

DXは何のためなのか、もう一度問い直してはいかがでしょうか。

それから非デジタルネイティブが多い、

つまりモノづくりの日本企業において参考にするべき今回の事例は、

ウォルマートとペロトンです。

ウォルマートはアマゾンの台頭によって衰弱企業かと思われていましたが、

どっこいDXで凄い進化を成し遂げているのです。

古くは「クリック&モルタル」デビッド・S. ポトラック (著), テリー ピアース (著)(2000)

非リンク

を2000年に読んだときから感じていたのですが、

リアル×バーチャルのシームレスな融合がこれから求められる

と思っていました。

ウォルマートは、ご存じの通りリテール(店舗)No.1企業です。

この伝統的企業がDXを機に息を吹き返し、更に進化している事例は

日本のリアル店舗中心企業には参考になると思います。

また、ペロトンはフィットネスバイクのDXでイノベーションをした企業です。

売って終わりのフィットネスバイクをベースにSaaS企業になり

フィットネス業界のアップルとまで呼ばれています。

売り切りモデルが多い中、素晴らしいモデルだと思います。

出典:文春オンライン

そして、ソーシャル・イノベーション・エヴァンジェリストを自称する身として

顧客主義(→人間中心主義)への転換に、

企業市民という考えを持ち、地域社会との共存共栄

どのようなビジョンをもったDXを進めていくべきか

改めて考えさせられました。

田中道昭先生の著書は、非常にわかりやすい解説になっていますので

ぜひご興味のある方はご一読されることを希望します。



防災の日 備えにミニキャンプがおすすめ

9月1日 防災の日ですね。

災害に備えて何か準備されていますか?

20年住宅メーカーに勤めていた私なりの防災心得をお伝えします。

まず建物です。

建物を建てる審査基準は、地震が起こる度に厳しくなり、最近では新耐震基準になります。

新耐震基準は、1981年6月までに建築確認申請を出した建物です。

今は2021年ですから、築40年以上の建物以外はこの基準に適合しているはずです。

つまり、よほどのことがない限り、家が倒れたりなどで、

生命に関わる被害はないと考えて良いかと思います。

(手抜きや建築基準法違反はまだまだあるようですが💦)

しかし、最近の災害をみればお分かりの通り、地震だけでなく豪雨による水害など

これまでに経験したことのない・・・の頻度が多発し、

ライフラインが止まり、生活を継続すること自体が困難になるケースが身近になっています。

建物は(ほぼ)崩壊しません。生活が壊れるのです。

この時頼るのが、避難所です。

でも、この避難所に入れる人と入れない(にくい)人がいるのはご存じですか?



避難所はハザードマップなどで確認できます。

ここで注意しないといけないのは、避難所に行ける人であるか、です。

避難所は当然収容できる人数に制限があるのです。

自治体が想定している避難所に入れる人は、戸建て住宅にお住まいの方

(勿論、お年寄りや身体が不自由な方なども優先されるはずですが)

では、タワーマンションは??? 大規模マンションは???

基本は在宅避難と言われています。

いきなり大規模マンションにお住まいの方たちが避難所に押し寄せても入りきれないからです。

では、在宅避難するには、何を準備しておけばよいか・・・。

1週間から2週間の食料と水とよく言われていますが、

それだけではなく、やはり「電気」です。

最近の戸建て住宅は勿論のこと、マンションでもオール電化が進んでいます。

エアコンにしろ、スマホの充電にしろ、便利家電が増え、電気がなくては

暮らしずらい世の中になっているのです。

しかし、同じオール電化でも戸建て住宅とマンションでは状況が違うのが一般的です。

戸建て住宅のオール電化は、ほぼ太陽光発電をセットになっている場合が多く、

少なくても日中は自家発電できるのです。

進んだ住宅では太陽光発電を蓄電池にためて、夜でも電気が使える家が増えています。

参考例:セキスイハイム

マンションの場合は、自家発電装置がある場合は別ですが

太陽光発電を各戸ではしていませんよね。

そこで登場するのが、ポータブル電源です。



最近のキャンプや車中泊流行でポータブル電源が注目されています。

エアコンまでは動かせませんが、扇風機を回したり、

食事を調理したり、情報源のスマホの充電を気にしなくてよかったり、

と大変便利です。

しかも、緊急時だけでなく、ミニキャンプなどでも活躍機会があるのです。

ぜひ一度、ご家族で自宅の庭や、自宅の部屋内でも

非常時を想定したミニキャンプをしてみてください。

ミニキャンプは楽しいだけでなく、

何が足らないのか、何が不十分なのかなど、

ご家庭ごとの準備するものと、何より心掛けができますよ。





ミニマリストという生き方

暮らし方の調査をしていると

あるときからモノを持たない(最小限)暮らし方が始まっています。

Z世代が中心とされるが、実は全世代にこのような暮らし方をする

ミニマリストが増えています。

ミニマリストになりたい 38.9%

最低限必要なものしか持たない生活をする、ミニマリストであるかを聞いたところ、24.4%と約 4 人に 1 人が「はい」と回
答しました。また、ミニマリストになりたいか聞いたところ、38.9%と約 4割が「はい」と回答し、なるべくモノを持たないミニ
マルな暮らしに今後注目が集まりそうです。
 
at home 調べ
https://athome-inc.jp/wp-content/themes/news/pdf/sumai-hitorigurashi-202006/sumai-hitorigurashi-202006.pdf

意外となくても暮らせる“電化製品”ランキング 1 位 「アイロン」

意外となくても暮らせる“家具”ランキング 1 位 「テレビ台」

現在の住まいにある電化製品・家具と、最低限必要だと思う電化製品・家具を聞き、そのポイント差を調べたところ、最も
差が大きかった電化製品は「アイロン」、家具は「テレビ台」でした。
ちなみに、電化製品で「テレビ」を現在持っている人は 78.3%と 8 割近くいるのに対し、最低限必要だと思う人は 59.4%
と 6 割にとどまりました。一人暮らしの社会人にとって、「テレビ」や「テレビ台」は幸せに生活するための必須アイテムで
はなくなっているようです。

at home調べ
https://athome-inc.jp/wp-content/themes/news/pdf/sumai-hitorigurashi-202006/sumai-hitorigurashi-202006.pdf

ミニマリストに憧れても、ホントに暮らしていけるの??

そんなときにお役立ちなのが、

家電や家具のサブスクリプション!

いる、いらない、のお試しだけでなく

じぶんの部屋のサイズにフィットするのか?

もっと違うデザインのだったらいいのに?

などなど

融通をきかせてくれるサービスが人気なのです。

モノを所有しない生き方

でも持っていたい!使いたい!

そんな暮らしをしたい方がこれから増えてくる。



社長の本棚 「未来を実装する テクノロジーで社会を変革する4つの原則」

今回取り上げる本

未来を実装する テクノロジーで社会を変革する4つの原則

馬田 孝明 英治出版(2021)

この本は、「テクノロジーの社会実装の方法論」を提示しています。

ポイントは、

という『テクノロジーで社会を変えていこう』が主題です。

”今の日本に必要なのは、注目されがちな「テクノロジー」のイノベーションでなく、

むしろ「社会の変え方」のイノベーションではないか”

未来の理想「インパクト」を描き、その未来を作るヒントとして、

企業もソーシャルセクターの知見やツールを取り入れていこう

というのが他書に見ない新鮮なところです。

著者は、まず社会を変革する4つの原則と1つの前提を示し、

各章の解説を進めています。



社会の足元(とあえて呼ばせてもらいますが)の課題解決には、

NPOやNGO、市民団体が行政等パブリックやステークホルダーとの

折衝活動、政策提言を行っています。

その活動は、企業のパブリックへのロビー活動よりも長けているので

ソーシャルセクターが合意形成から社会への実装に至るまで活用しているツールや

手順などを企業が積極的に取り入れるべきである、と述べています。

ソーシャルセクターの方法論を学ぶことによって、

“ビジネスによって社会を変えるだけではなく、

社会を変えることによって新たなビジネスを生み出す”

可能性を説いています。

これは、企業‐NPO‐市民‐官‐学等のセクターの境界を融合した

ソーシャル・イノベーションを標榜する私にとって

心強い一冊となりました。

現在、当社が参加している武蔵村山市「中原元気プロジェクト」

企業にとっては、「場の提供」というまだ第一段階の<支援>の立場にあります。

その提供された「場」を活用して、NPOがパブリックと連携・協力を得ながら、

積極的に表面化していない市民独自の活動を掘り起こしネットワーク化を推進しています。

他のブログ記事でも課題提起をしていますが、

企業担当者にすれば、黙ってみているだけでは実利は入ってきません。

第二段階は、この活動の中に、「地域市民」として混じり地域の生の声を聴くことで

ビジネスの機会を見出し、実利を獲得しながら、地域に貢献できるはずです。

第三段階は、企業が地域市民として、すぐ近くの「当たり前にいる存在」になることです。

多様なステークホルダーとの合意形成、そして進むべきステップ、インパクトをソーシャルセクターのロジックモデル等を活用して共有していこうと、この本から学びました。

ロジックモデル

人口減少、超高齢社会、IT・AIのデジタル社会が伸長し

主役はサプライサイドからデマンドサイドに転換しています。

生き残り、ゴーイングコンサーンのためには、

新しい世界観、異なるセクターの境界が融合したモデル

最終的に社会変革(ソーシャル・イノベーション)を起こしていくもの

と考えてやみません。

ドキュメンタリストとインタビュアー

先日、カメラを廻しながらインタビューをする機会がありました。

その時、思い出したのです。

今から12年前位の独立して2,3年目のちょうど今頃、

夏季休暇を挟みながら1カ月間ある営業組織の

密着ドキュメンタリーを撮っていたことを。

目的はその組織の強さの秘密を探ること。

15人弱の組織でしたが、

車の中で、新幹線の移動中の車内で、

夜の打ち上げ飲み会の席で、

お客さまを相手にした営業の現場で、

そしてお客さまを招いての一大イベントにも

同行させていただき、カメラを廻し、

夜はお借りした資料とメモ書きを分析し、

強さの秘密を明らかにした本当のドキュメンタリーでした。

(余談ですが、コンサルタントがドキュメンタリーを撮り分析・解説までしたDVDは大ヒットでした)

ドキュメンタリーは生モノだし、

撮ってみないと上手くできるか分からない。

上手く、というよりも、何が正解なのか、何ができるか

撮り終わらないとわからない。

ノンフィクションの醍醐味!

会話をしながら、その人の考えを訊いたり、

その人の表情や、手振り身振りまで観察しカメラにおさめる。

その人の本質に触れられるかどうかは

インタビュアーの腕に掛かっているんだな、と。

ちょっと待て!?

インタビューと言ったが

これって、ドキュメンタリストなのじゃないのか?

ドキュメンタリストとインタビュアーは

何が違うのだろうか???



ドキュメンタリストというと、

社会問題にカメラを持って切り込む、そんなイメージがある。

インタビュアーには取材相手がいて

本来はその人の本質を引き出すのが仕事である。

カメラを自ら廻しながらが、動的に撮るのがドキュメンタリスト

相手の目線を感じながら、静的に話しを訊くのがインタビュアー

そんな分け方で良いのだろうか?

いやいや、インタビュアーも最近ではミニカメラ廻すし。

訊き手本人が映り込むのがインタビュアー?

ドキュメンタリストもカメラに映り込むこともあるし。

この時代に、分けて考えること自体がナンセンスなのだろう。

職業名を分けるどころか、

玄人と素人の境界もなくなってきている。

かくいう私も何をやっているのか分からない。

領域、境界なんて、もうない時代なのです。

私個人の結論としては、

どちらも私であって、出来るだけ好きなこと仕事とし

肩書きなんて、その場その場でいいように言っていこう。