青空バザー・マルシェ・フリマのご報告

昨日開催しました武蔵村山市中原元気プロジェクト(企業・NPO・市民団体の協働プロジェクト)のご報告をいたします。

まずは天気ももってくれ、事故等がなく無事にできました。

そしてそして、予想外のご来場者数!

10時半からの開場時間には行列ができていました。

当初、私は撮影班として動く予定にしていましたが、第一会場と第二会場(歩いて5分位)の道案内係をしていましたw

第一会場から第二会場へも7割くらいご誘致ができたと思います。

今回の開催で分かったことは、やはり「人のつながり」です。

出店していただいた方のお友だちが、他の出店者さんと実は横のつながりがあったりなど、ご本人たちもびっくりしたり、○○さんに紹介されてきました、という方もいたり。

第二会場は、場を提供していただいている住宅メーカーさんのリノベーション展示場で、普段はなかなか敷居があって見学しづらい雰囲気の展示場も、ある意味流れで多くの方が見学されました。

見学された方は、「これで築30年の家!?」とビックリされていました。高齢になっても住み続けられる家、次世代に住み継がれる家、そしてなんといっても、災害になってもご自宅で避難生活ができる家をご理解されたことと思います。

元気プロジェクトの活動に共感いただく方も増え、ネットワークがますます広がっていくのが楽しみです。

次回は10月30日で防災セミナーを行います。

開場直後の様子(個人が特定されないギリギリの写真で遠目の撮影です)

免許証返納後の駐車場どうしますか?

免許証返納

空いている自宅の駐車場が収益を上げる方法をご存じですか。

散歩をすると仕事柄、家を見てしまいます。

最近気になっているのは、家ではなく、一戸建ての駐車場です。

車を駐車していないお宅が多くなってきたのです。

運転免許証を返納されたのでしょうか。

車を所有するのをやめてカーシェアにされたのでしょうか?

気になるのは空いたままの駐車場スペースです。

なにかご利用の計画はありますか?

駐車場の有効活用

ご年配の家では、駐車スペースで奥様のご趣味の花をたくさん育てられています。

よくご近所の方と花の前で談笑されているのを見かけます。

趣味をお持ちの方でしたら、駐車スペースに入る位のプレハブを建てて教室をやるのもよいでしょう。生徒さんを集めて、月謝からの収益が期待できます。

気をつけなければならないのは、食堂やカフェの開設です。営業をしてよい地域かどうか地域によって決まっています。役所に行って事前に調べておくことが必要です。

もっと手軽にできるのは、駐車スペースを貸駐車場にすることです。

車1台分から、集金、トラブルなどの管理業務までやってくれる代行サービスがあります。

最近はずっと貸すのではなく、時間貸しの駐車場シェアも増えています。

自分の都合に合わせて貸せるのは良いですよね。

最近は宅配業者さんの車ですら、路上に駐車しにくく、このような貸駐車場にとめているのを見かけます。

また、住宅街区の中でも来訪されたお客様用の駐車場に困ったりします。

思いつかない需要があるものです。



せっかくの土地です。免許証返納などで駐車スペースが空いていたら、有効活用して老後の費用やお孫さんへのこずかいや教育資金などにされたらいかがでしょうか。



ブルーゾーン・プロジェクト

動きだしても実益とカタチになるまで何年もかかるでしょう。

このプロジェクトはオープンラボでいきたいと思いますが、

余りに不特定の方、ご興味のない方にオープンにするのも…なので、

説明文を除いたこのイメージボードで、ピント来た!やりたいかも!という方はリプライください。

当面ご興味のある方、団体、企業のみで絵を描いていきたいと思います。

ご了承ください。

DAY3は限定公開として近日DMでご案内さしあげますので

お手数ですがコメント欄にご記入くださいませ。

#ブルーゾーンプロジェクト

#ソーシャルイノベーション