事業計画書の”あるべき姿”って何?

Illustration of business people

こんにちは、CDI杉本@事業企画マンの味方です。

ホームページをリニューアルして、Twitterの新アカウントを作ったばかりですw

ゆっくり、だけどしっかりお伝えしていければと思います。



 

経営企画や事業企画、あるいは商品企画の担当者が

よく書かれることば ”あるべき姿”

現状と未来の”あるべき姿”とのギャップをどう埋めるか?

これこれこういうロードマップで”あるべき姿”にしていきましょう!

というのがもっぱらですね。

 

ところがこの”あるべき姿”というのがくせ者なのです。

”あるべき姿”と言っているのに、果たしてしっかり描けているでしょうか?

単なる理想を書いてはいませんか?

 

中期経営(事業)企画や、IRなどでの『ロード20✖✖年』など

発表されている企業は多いですが、

その策定作業以前、つまり日常から”あるべき姿”を描くための

アンテナを立てておかねばならないのです。

 

わたくしは常日頃より妄想?のためにアンテナを張ってます。

ここでは、まずわたくしのアンテナを皆さんに共有しながら

シナリオ・プランニングを一緒に学んでいきたいと思います。

 

気になりましたら、お気軽にフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です